トップページ > 来月の行事予定

来月の行事予定|八幡神社 宇佐神宮

仲秋祭(ちゅうしゅうさい)

 奈良時代より明治13(1880)年まで「放生会」と呼ばれていましたが、以後仲秋祭と名称が変更となりました。

 放生会の起源は、養老4(720)年、大隅国・日向国の隼人(はやと)等が大隅国守陽候史麻呂(おおすみのこくしゅ やこうのふひとまろ)を殺害したことに始まります。

 この隼人族の反乱を鎮圧するため、大和朝廷は八幡神へ祈請し、薦枕(こもまくら)を神験(みしるし)として神輿に奉じ、戦地である大隅・日向に赴きました。この時の輿が、日本で初めての神輿とされています。

 「罪を憎んで人を憎まず」との八幡大神の御神意により、鎮圧された隼人の霊を慰めるため、和間の浜へ蜷を散供したのが放生会の始まりです。この後、この祭式会は生とし生けるものを憐れみ、慈しまれる八幡大神の大御心に添い奉り、全国に広まっていきます。

 

 初日の10月12日、午後1時から上宮での祭典の後、御本殿より御神輿が出御し、宇佐神宮より8キロ離れた和間の浜の海上に建てられた浮殿(和間神社)まで御神幸されます。

 中日の13日には、「蜷饗祭(になあえさい)」(於 西貝神社)、「水神祭」(於 水之江神社)、「塩屋祭」(於 和間神社)の祭典が執り行われ、これら神社で頂く蜷・水・塩を、午前10時に斎行する「仲秋祭」(於 和間神社)に供します。祭典終了後は和間の浜へ行き、神職により禊祓詞と祝詞が奏上され、蜷のアシヅトを開き散供する「放生式」が執り行われます。

 最終日、14日午後1時、和間神社での祭典の後、再び神輿に御動座され、行列を組んで宇佐神宮御本殿へ御還幸されます。帰路の途中では、隼人の霊を祀る百体神社へ巡幸されるのは古例とします。

来月の行事予定

放生式の様子

 

 

来月の行事予定

初日 御神幸

和間神社にて、六郷満山僧侶が
神輿を迎える(迎講)

風除報賽祭(ふうじょほうさいさい)

 毎年8月7日に斎行される「風除祭」では、田畑の安全と豊作を祈念しますが、10月20日の「風除報賽祭」は、五穀豊穣の祈念が成就したことを報賽する祭典です。10月19日には御輿掛にて「鉾立神事(ほこたてしんじ)」、21日には能舞台にて「御神能」が奉納されます。

 19日の鉾立神事は、氏子の方たちによって奉納される、「風神」・「雷神」の絵画等が描かれた、高さ約6mもの3本の笠鉾を立てます。隆昌を極めていた頃は、30本近く連立されていました。

 10月21日の御神能は、応永年間(1394年 – 1427年)以後に申楽として始まったと伝えられており、戦乱の時代に一度途絶えていましたが、元和5(1619)年には再興され、現在まで毎年奉納されています。能は観世流を主流としますが、地域性を重んじ「宇佐観世」とも呼ばれ地元で親しまれています。

 

御神能について詳しくはこちら

来月の行事予定

鉾立神事

御輿掛の東側には「風神」、
西側には「雷神」が描かれます。

 

 

秋季皇霊祭遙拝

「秋季皇霊祭」とは、毎年秋分の日に宮中の皇霊殿にて斎行される、皇室の祖先祭祀です。伊勢の神宮を始め、全国の神社において斎行されます。

大嘗祭当日奉幣祭

 天皇陛下がご即位の礼の後に、初めて行う「新嘗祭(毎年11月23日、神前に新穀をお供えし、五穀豊穣を祝い感謝を捧げる祭典)」を「大嘗祭」といいます。

 宮中では、大嘗祭の為に建てられた大嘗宮の悠紀殿・主基殿に天照大御神をはじめとする神々をお招きし、天皇陛下御自らがお祭りをされます。

 当神宮では、先例に倣い大嘗祭の当日に「大嘗祭当日奉幣祭」を斎行し、神前に幣帛を奉り新穀を供え、五穀豊穣と国家・国民の安寧を祈る祝詞が奏上されます。

 

 大嘗祭当日奉幣祭は「大祭」という最上級の儀礼を以て斎行され、宇佐神宮では衣冠単の「正服」を著装した神職が斎館より上宮へ参進します。参進をする神職の内2名は、通常の神饌とは別にお供えをする稲束を、唐櫃に納め運びます。

 

(本年の新嘗祭は斎行されません)

 

 

仲秋祭(ちゅうしゅうさい)

 奈良時代より明治13(1880)年まで「放生会」と呼ばれていましたが、以後仲秋祭と名称が変更となりました。

 放生会の起源は、養老4(720)年、大隅国・日向国の隼人(はやと)等が大隅国守陽候史麻呂(おおすみのこくしゅ やこうのふひとまろ)を殺害したことに始まります。

 この隼人族の反乱を鎮圧するため、大和朝廷は八幡神へ祈請し、薦枕(こもまくら)を神験(みしるし)として神輿に奉じ、戦地である大隅・日向に赴きました。この時の輿が、日本で初めての神輿とされています。

 「罪を憎んで人を憎まず」との八幡大神の御神意により、鎮圧された隼人の霊を慰めるため、和間の浜へ蜷を散供したのが放生会の始まりです。この後、この祭式会は生とし生けるものを憐れみ、慈しまれる八幡大神の大御心に添い奉り、全国に広まっていきます。

 

 初日の10月12日、午後1時から上宮での祭典の後、御本殿より御神輿が出御し、宇佐神宮より8キロ離れた和間の浜の海上に建てられた浮殿(和間神社)まで御神幸されます。

 中日の13日には、「蜷饗祭(になあえさい)」(於 西貝神社)、「水神祭」(於 水之江神社)、「塩屋祭」(於 和間神社)の祭典が執り行われ、これら神社で頂く蜷・水・塩を、午前10時に斎行する「仲秋祭」(於 和間神社)に供します。祭典終了後は和間の浜へ行き、神職により禊祓詞と祝詞が奏上され、蜷のアシヅトを開き散供する「放生式」が執り行われます。

 最終日、14日午後1時、和間神社での祭典の後、再び神輿に御動座され、行列を組んで宇佐神宮御本殿へ御還幸されます。帰路の途中では、隼人の霊を祀る百体神社へ巡幸されるのは古例とします。

来月の行事予定

放生式の様子

 

 

来月の行事予定

初日 御神幸

和間神社にて、六郷満山僧侶が
神輿を迎える(迎講)

風除報賽祭(ふうじょほうさいさい)

 毎年8月7日に斎行される「風除祭」では、田畑の安全と豊作を祈念しますが、10月20日の「風除報賽祭」は、五穀豊穣の祈念が成就したことを報賽する祭典です。10月19日には御輿掛にて「鉾立神事(ほこたてしんじ)」、21日には能舞台にて「御神能」が奉納されます。

 19日の鉾立神事は、氏子の方たちによって奉納される、「風神」・「雷神」の絵画等が描かれた、高さ約6mもの3本の笠鉾を立てます。隆昌を極めていた頃は、30本近く連立されていました。

 10月21日の御神能は、応永年間(1394年 – 1427年)以後に申楽として始まったと伝えられており、戦乱の時代に一度途絶えていましたが、元和5(1619)年には再興され、現在まで毎年奉納されています。能は観世流を主流としますが、地域性を重んじ「宇佐観世」とも呼ばれ地元で親しまれています。

 

御神能について詳しくはこちら

来月の行事予定

鉾立神事

御輿掛の東側には「風神」、
西側には「雷神」が描かれます。

文字の大きさ

文字の拡大 標準 大 最大