トップページ > 来月の行事予定

来月の行事予定|八幡神社 宇佐神宮

小笠原流大的式

 12月8日(日)午後1時より、宇佐神宮境内祓所前において「小笠原流大的式(おがさわらりゅうおおまとしき)」が奉納されます。

 大的式に先立ち、小笠原流の重要な儀式である「蟇目(ひきめ)の儀」が行われます。穴を空けた特殊な矢尻(鏃)である蟇目鏑(ひきめかぶら)を用い、矢を放つと風を切って飛ぶ際に空気が矢尻の穴に共鳴して「ヒョウ」という鋭い音を響かせます。その音により、天下の邪悪を祓い清めるとされます。

 続く大的式は、小笠原流では最も厳格な弓の儀式とされており、除魔の意味を込めて平安時代頃から公家の射礼として行われていたようです。的は五尺二寸(約156㎝)と定められており、通常弓道における遠的競技の的の、約1.5倍の大きさとなります。

 射手は前弓、後弓各3人からなり、太郎・三郎、五郎・六郎、四郎・関の順に、各自白羽の矢一手(ひとて・2本)を用いて弓を引きます。

来月の行事予定

大祓

 大祓(おおはらえ)は毎年6月30日及び12月31日に斎行されます。

 大祓とは、半年間で知らず知らずのうちに犯したであろう自らと社会の罪穢れを、形代を用い祓い去り心身を清める神事です。

 12月31日に斎行される大祓は「年越の大祓」と称され、新年を迎えるに当たり、新たな気持ちで今後の生活を過ごしていくための神事です。

 6月の「夏越の大祓」と同様に、解縄串(ときなわぐし)・切麻・裂布等といった特殊な祓具を用い、神職を始め参列者、全国各地の崇敬者より送られた形代(かたしろ)をお祓いします。

 形代とは、ご本人の身の代として罪穢れを受ける祓具であり、祓い後は神職により、寄藻川へ流されます。

来月の行事予定

【大祓の参列をご希望の方】

当日午後2時45分までに、神宮庁手水舎前受付にお越しください。

初穂料は1,000円以上お志のお納めとなります。

※遠方等の事情により参列の困難な方は、宇佐神宮へご連絡ください。形代及び案内状をご送付申し上げます。

宇佐神宮 TEL:0978-37-0001

 

 

大嘗祭当日奉幣祭

 天皇陛下がご即位の礼の後に、初めて行う「新嘗祭(毎年11月23日、神前に新穀をお供えし、五穀豊穣を祝い感謝を捧げる祭典)」を「大嘗祭」といいます。

 宮中では、大嘗祭の為に建てられた大嘗宮の悠紀殿・主基殿に天照大御神をはじめとする神々をお招きし、天皇陛下御自らがお祭りをされます。

 当神宮では、先例に倣い大嘗祭の当日に「大嘗祭当日奉幣祭」を斎行し、神前に幣帛を奉り新穀を供え、五穀豊穣と国家・国民の安寧を祈る祝詞が奏上されます。

 

 大嘗祭当日奉幣祭は「大祭」という最上級の儀礼を以て斎行され、宇佐神宮では衣冠単の「正服」を著装した神職が斎館より上宮へ参進します。参進をする神職の内2名は、通常の神饌とは別にお供えをする稲束を、唐櫃に納め運びます。

 

(本年の新嘗祭は斎行されません)

歳旦祭・古武道奉納

 正月元旦に「歳旦祭(さいたんさい)」が斎行されます。

 1月2日、3日の両日にも、「新年祭(しんねんさい)」「元始祭(げんしさい)」がそれぞれ斎行され、その年の皇室・国家の安泰や氏子の家内安全を祈念します。

 

 また、元旦には古武道が能舞台にて奉納されます。60年もの長い間続けられており、総勢約80名で奉納演武が行われます。演武は「居合道演武」、「二天一流(にてんいちりゅう)演武」と2種あり、交互に奉納されます。「二天一流」とは宮本武蔵を流祖とし、二刀にて構える兵法です。

 奉納は午前9時より正午を予定しております。

 ご参拝の折には、ぜひお立ち寄りください。

来月の行事予定

新春俳句大会・新年短歌大会・新年囲碁大会

 新年恒例の宇佐市観光協会が主催する、俳句大会・短歌大会・囲碁大会が、それぞれ宇佐神宮参集殿にて開催されます。

 俳句大会は今回で122回目となり、例年60人の方が参加され、180句程詠まれております。

 短歌大会は今回で63回目となり、例年100首程詠まれております。

 囲碁大会は今回58回目となり、例年120人程参加されます。

 参加ご希望の方は、下記までお問合せください。

<参加お問合せ先>

【新春俳句大会 1月5日】
・当日当日12時30分迄の投句締切です。(1人3句)
・参加費 1,500円
【新年短歌大会 1月9日】
・12月6日迄の投句締切です。(1人1句)
・参加費 1,500円
【新年囲碁大会 1月18日】
・お申込み・参加費については、宇佐市観光協会までお問合せください。

宇佐市観光協会 Tel:0978-37-0202

 

 

小笠原流大的式

 12月8日(日)午後1時より、宇佐神宮境内祓所前において「小笠原流大的式(おがさわらりゅうおおまとしき)」が奉納されます。

 大的式に先立ち、小笠原流の重要な儀式である「蟇目(ひきめ)の儀」が行われます。穴を空けた特殊な矢尻(鏃)である蟇目鏑(ひきめかぶら)を用い、矢を放つと風を切って飛ぶ際に空気が矢尻の穴に共鳴して「ヒョウ」という鋭い音を響かせます。その音により、天下の邪悪を祓い清めるとされます。

 続く大的式は、小笠原流では最も厳格な弓の儀式とされており、除魔の意味を込めて平安時代頃から公家の射礼として行われていたようです。的は五尺二寸(約156㎝)と定められており、通常弓道における遠的競技の的の、約1.5倍の大きさとなります。

 射手は前弓、後弓各3人からなり、太郎・三郎、五郎・六郎、四郎・関の順に、各自白羽の矢一手(ひとて・2本)を用いて弓を引きます。

来月の行事予定

大祓

 大祓(おおはらえ)は毎年6月30日及び12月31日に斎行されます。

 大祓とは、半年間で知らず知らずのうちに犯したであろう自らと社会の罪穢れを、形代を用い祓い去り心身を清める神事です。

 12月31日に斎行される大祓は「年越の大祓」と称され、新年を迎えるに当たり、新たな気持ちで今後の生活を過ごしていくための神事です。

 6月の「夏越の大祓」と同様に、解縄串(ときなわぐし)・切麻・裂布等といった特殊な祓具を用い、神職を始め参列者、全国各地の崇敬者より送られた形代(かたしろ)をお祓いします。

 形代とは、ご本人の身の代として罪穢れを受ける祓具であり、祓い後は神職により、寄藻川へ流されます。

来月の行事予定

【大祓の参列をご希望の方】

当日午後2時45分までに、神宮庁手水舎前受付にお越しください。

初穂料は1,000円以上お志のお納めとなります。

※遠方等の事情により参列の困難な方は、宇佐神宮へご連絡ください。形代及び案内状をご送付申し上げます。

宇佐神宮 TEL:0978-37-0001

文字の大きさ

文字の拡大 標準 大 最大